Satoshi Tomiie – about your DJ Life

Slider
Satoshi Tomiie  –  about your DJ Life

回答者  :  Satoshi Tomiie

 

Q1 : ギグのオファーを受けるのは何をポイントとしていますか?また決まったギグへの準備はどんなタイミングで始めますか?

いろいろな要素がありますが、長年やってきた結論ー音楽やバイブをお客さんといい感じで共有できる、ということが第一条件。

準備は普段からの音楽チェックはもちろん、初めてプレイするところは特にそうですがそのギグのなるべく多くの情報を入手して(ハコ・クラウド・フロアのサイズなど)それを元にギグのある同じ週の平日から始めて本番直前までかけたい候補曲を絞り込んでいきます。ただ漫然と好きな曲3000曲とか準備しても現場で探すことを考えるとある程度絞り込んだ方がプレイに集中できると思います。

 

Q3 : 選曲はどんな事を意識して行いますか?

上で準備した曲(レコード盤・デジタルファイル)をネタに大体の流れを考えておきます。曲順を決めておくのでなく、こんなバイブの曲がこの辺にあるな、、ということを覚えておき、実際の現場でお客さんを見ながらインプロで選曲していきます。この時に、今日かけようと準備してきた曲以外にあの曲を今ドロップしたらいいかも!というヒラメキが沸いた時にはデジタルファイルをCDJで検索して選曲することもあります。

 

Q4 : 具体的に選んだ音源(Vinyl、Deta、CDなど)を事前にどう取りまとめ準備しますか?また常に準備しておく音源とそのギグ用のものとの比率は?

ヴァイナル・CDJのミックスでDJをするスタイルですが、レコードはターンテーブルのセッティングがしっかりしているところでは多めに持っていくこともありますが、クラブによってはレコードのプレイが困難なケースも実際多くあります。長くかけそうなレコードはリップしてしまうケースが多いのであてにならないターンテーブル環境のバックアッププランとしてレコードをリップして持っていくことも多いです。クラシックスなどは別にプレイリストを作ってデジタルファイルでUSBメモリーに常備してあります。

 

Q5 : 現在ギグに必要なツールは何になりますか?また自分だけの特別な手法、技術等ありましたらお教え下さい。

テクニクスSL-1200シリーズx2・パイオニアDJ CDJx2にDJミキサーという基本的なセットでプレイしています。エフェクトペダルなどを持っていくこともありますが、エッセンシャルではありません。レコード針も基本持参します。

 

Q6 : 当日はプレイスタート前どれくらい前に会場入りしますか? またスタートのトラックはどんなタイミングで何を思い決めますか?

状況が許せば数時間前、できればオープンからいたい感じです。DJがどんな曲をプレイしているか、お客さんの感じはどうかなど自分のプレイが始まるまで現場で感じ、その後の流れも考えてスタートのトラックを決めます。

 

Q7 : プレイ中にどんな事を意識してストーリーを組み立てますか?

フロアの雰囲気を読みつつちょっと上げたり逆にちょっと下げたりしつつ流れを作って行き、徐々に音楽のエネルギーレベルを上げて行きます。

 

Q8 : プレイ中に自分とフロアの歯車が合わないと感じた事はありますか?その時はどう組み立て直していきますか?

そういう時は手探りな時間が続いたりしますが、本当にどうしようもない時もあると思います。とても長く感じる2時間セットだったりw 組み立て直せるケースとそうでないケースがあると思いますが、DJは自分の音楽性を出しつつフロアを楽しませるという微妙なバランスをコントロールしないといけないのでそうならないように準備や情報収集が大切だと思います。どんなお客さんでも楽しませるぜ!というツワモノDJもいますがw

 

Q9 : 終わったプレイをチェックしたり、良かった繋ぎを次のギグに活かしますか

DJプレイは毎回録音しておいて、良かった点、これはイマイチだったかな?と思える点を後でチェックしたりするのに生かします。

 

Qおまけ : DJを続けるモチベーションをキープ/上げる為に何かしている事がありましたらお教え下さい。

基本的に以前やったことを繰り返さずに新しい音楽をチェックし続ける事です。見逃した旧譜(中古など)も新譜と同じ気持ちでチェックしてます。以前自分が一回やったことは新鮮な気持ちで取り組めないので気持ちが上がらないという損な性格なので自らチャレンジと思えることを続けることのみがモチベーションをキープ・アップすること繋がっていると思います。

 

Satoshi Tomiie  :  Twitter / Facebook