高木 完 – about your DJ Life 

Slider
高木 完 – about your DJ Life 

回答者 : 高木 完 → in Japan DJ.net

 

Q1 : ギグのオファーを受けるのは何をポイントとしていますか?また決まったギグへの準備はどんなタイミングで始めますか?

他にスケジュールが入ってない限り、基本的に仕事は断らないです。オファーを受けた段階で脳内で準備します。

Q2 : 選曲はどんな事を意識して行いますか?

そのイベントに寄せて。

Q3 : 具体的に選んだ音源(Vinyl、Deta、CDなど)を事前にどう取りまとめ準備しますか?また常に準備しておく音源とそのギグ用のものとの比率は?

イべントによって異なります。

DataかVinylかのどちらかになりますし、Dataの場合も環境によって持ち込むもの(インターフェイス)が変わります。Dataの場合はご質問にある比率が関係ないのでイメージし難いギグ、パーティの場合はリクエストがない限り、Dataにします。

Q4 : 現在ギグに必要なツールは何になりますか?また自分だけの特別な手法、技術等ありましたらお教え下さい。

VIinylかDataかによって異なります。Dataの場合はSERATO DJを使いますが、セッティングに問題ないようであればライブエディットやエフェクト処理のコントロールがしやすいPIONEERのDDJ-SXを持ちこみます。

Q5 : 当日はプレイスタート前どれくらい前に会場入りしますか?またスタートのトラックはどんなタイミングで何を思い決めますか?

イベントや持ち込むものによりますが、何人か出る場合は少なくとも1時間前にはいて、何がかかっているかであったり、その場の空気や状況を掴むように心がけます。

Q6 : プレイ中にどんな事を意識してストーリーを組み立てますか?

与えられた時間で音と時には言葉でフィジカルな気持ち良さだけでなく、心に残る何かを、、、とは思っていますが、それは自分だけのもの、かもしれません。稀に共有できるときは気持ちんよか、ですね。

Q7 : プレイ中に自分とフロアの歯車が合わないと感じた事はありますか?その時はどう組み立て直していきますか?

それはもうしょっちゅうw  一度落として空気変えるようにします。うまくあってる時にも落として空気を変えることはありますが。

Q8 : 終わったプレイをチェックしたり、良かった繋ぎを次のギグに活かしますか?

チェックはしません。 Vinylだけの頃は良かった繋ぎを活かすことが多かったですが、Data主体の今はその時その時に楽しみたいのであえて活かしません。多すぎて覚えられないってのもあるかも。

Q9 : 自ら良かった思えるプレイには具体的にどんな事がありましたか?またプレイする喜びを感じるのはどんな時ですか?

音にWRAPされる気持ちをみんなと同じに感じる時。

過去の経験では

アンダーカヴァーのイベントでミラノの公園でプレイした時

葉山にあったSORAYAでプレイした時

野外が多いですね。あまり回数はないですが。

Qおまけ : DJを続けるモチベーションをキープ/上げる為に何かしている事がありましたらお教え下さい。

楽しむことが一番です。新しい何かが若い人たちの間で起きているようだったら、自分の経験と知識でかつてのものの中から近いものを選んだり、それっぽく聴こえるように聴かせたりして。